久保田利伸と岡村靖幸さらにライムスター

本日、11月27日に久保田利伸のニューアルバム『Beautiful People』が発売され、昨日フラゲしました。なんつっても4年ぶりだからね、もう楽しみで楽しみで仕方が無かった。オリンピックかよって話ですが。

安定感バツグンでした、普通に良かった。

2曲目の「JAM fo’ freedom」は昨今流行っている、TRAPってやつだと思われます。トラップの曲が収録されているとの事なので、きっとコレでしょう。あれ?BOUNCE系?って思ったんですけど、単に私が、ジャンルの新陳代謝に付いて行かれてないだけ。バウンスよりも、少しレイドバックした感じだと思う。結構好き。

そして、頭ひとつ出てるのが6曲目の「FUN FUN CHANT」、個性全開。どれだけジャパニーズR&Bだなんだって言っても、こういうの出来るのは、この人しかいないよねって嬉しくなっちゃう。あと好きなのは、12曲目の「Joy ‘n’ Pain」と14曲目の「Make U Funky ~柿P Remix~」。14曲目なんて久保田利伸×柿崎洋一郎先生なんで、嫌いになる理由が見当たらないのですが。

それと先日からTwitterのTLで話題になっている、岡村靖幸RHYMESTER(ライムスター)のコラボ・ユニット。ユニット名が“岡村靖幸さらにライムスター”って…そのまんまだけど、とてもそれらしい(笑)曲名は「マクガフィン」←(視聴可)

 

これが予想以上に格好良くてですね…一応YouTube貼っときましたけど、耳で聴いて欲しい。本当に格好良い曲って、目から入ってくる情報は邪魔なだけなんで。

ラップという表現方法自体がとても強いので、岡村靖幸の影が薄く感じられる気がするんですけど、音作ってるの岡村氏っぽい。岡村氏の音楽はあまり聴いたことないけど、ライムスターって感じもしない。

このずっと追い込まれてる感じ。鳥肌立つ。

てな感じで。本来なら久保田利伸に溺れいているハズなんですが、岡村靖幸さらにライムスター(長い)のコラボ曲に完全に心奪われてしまって。

ワイルドでちょっとばかし影のある、隣の家の旦那様との肉欲に溺れる人妻、みたいな気持ちになってしまっています。だってズルイよね、一人 VS 四人ですよ!多勢に無勢。

全裸になったって勝てんわ。