鈴鹿セブンマウンテン|鎌ヶ岳・御在所岳

久しぶりの登山!9・10月の週末はほぼ雨で、全ての計画がポシャりモチベーション下がりまくってましたが、二か月ぶりに行ってまいりました。そしてブログ更新が亀、最近はTwitterばかりやってる。

バンザイ!

鈴鹿セブンマウンテンとは:鈴鹿山脈にある7山のこと
藤原岳・竜ヶ岳・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳・鎌ヶ岳・入道ヶ岳
ウィキペディア(Wikipedia)より引用

本来なら一座づつ制覇せねばならないのですが、今年中(今期中にしようかな…)は間に合わない…ということで、ズル?をして二座まとめて登ってまいりました。いやでも、登頂したことには間違いない。

鎌が岳御在所岳も何度か登っているので、まあ良しとする。

今回のルートは武平峠を起点とし、鎌ヶ岳と御在所岳へ。
活動距離:約7.5㎞/活動時間:6時間、消費カロリーは約2500kcal。あんなに歩いてもこんなもんですよ、運動では痩せないっていう何よりもの証拠。訳の分からない、〇〇ダイエットなんて嘘だらけなんだから、痩せたい人はちゃんと食事制限しましょうね…(泣)

個人的には岩山が好きなので、今回の鎌ヶ岳・御在所岳は楽しかったー!岩山って、天然のアスレチックみたいで、こうテンション上がるんですよね。鎖場やそそり立つ岩場を前に、ニヤニヤする私。

今回のランチは、御在所岳ロープウェイ乗り場にあるレストランにて。カツカレーなんて数年ぶりでしたけど、疲れた体に肉が美味い。一時間ほど休憩を取り、下山開始。

そして岩山の難関は下り。
岩山のアカンところは、「行きはよいよい、帰りはこわい」なところ。ちなみに下山時、狭い岩場で足を滑らせそうになり、あやうく滑落しそうでした。脳みそがギューってなった!怖かったよ…。皆さん、登山時は登山保険への加入は忘れずにね…救助費用すごいかかるから。

下山後は、湯の山温泉グリーンホテルの日帰り入浴へ。
いつものパターンなら片岡温泉なんですけど、イモ洗い状態なのが目に見えてたので。ゆっくり出来ないんじゃ、わざわざ温泉に浸かりに行く意味ない。

ということで、残すところは、竜ヶ岳・釈迦ヶ岳・雨乞岳の3山となりました。
雨乞岳は、迷いやすく退屈な割にキツイとの話をチラホラ聞くので、早めに登っておこうかな…とか。でもキツイ山は、下山した瞬間が最高なんだよな…って、マゾヒスティックな喜びもあるんです(笑)

今年中はスケジュール的に無理でも、今期(来年の4月)中には制覇したいなと思ってます。そんな無理に登らんでも…って思われるかもしんないけど、いつまでって決めないと、いつまでも終わらないってのは皆様も重々ご承知のハズ。

“いつかやる”は、“永遠にやらない”って言ってるのと、ニアリーイコールですよね?って事で。