表現の不自由展・その後|再開

表現の不自由展・その後』が今日の午後から再開になるみたいですね。が、しかし入場は抽選&セキュリティがっちがち!飛行機乗るレベルだわ。

画像クリックで公式HPへジャンプ

それにしても、大村県知事の記者会見での発言がオトコマエすぎて、抱かれたいは言い過ぎでも惚れちゃうわって。いや、もし大人の事情とか打算とか絡んでいたとしても、ですよ。

「気にくわないイベントがあれば攻撃すれば止められる、つぶせるという圧力に屈した悪例になってしまう。海外、国内アーティストの全面再開したい思いが結実した結果だ」

んでもって、河村市長は座り込みで抗議だそうで、これはこれでアツい。パフォーマンス・アートみたいだし(もちろん市長本人にそんな意図はないと思われるが)、こんな効果的なコマーシャルもない。それに、普段抗議される側の人間が身体を張って抗議するって、すごいわ。

現代アートが日本でこんなに話題になって、ニュースやネットを騒がせることってほぼ無かったもんね。これだけ沢山の人々の情動を突き動かすことができたのなら、芸術祭としては大成功だと思うし、出展作家たちも作家冥利に尽きるんじゃないのかなと思ったり。(なんつっても、うちの母親ですら『表現の不自由展』知ってますから)

って、ここに誤解の無いように書いておきますが、炎上商法が最高とかそういうことでないです。炎上させる気なんて無かったろうし。ただ、話題にならなければ観てくれる人もいないし、発表する意味なんてないし。

また、今回再開されることになった展示の撮影は基本禁止・SNSへの投稿は全面禁止だそう。その他注意事項なども、公式サイトに記されてます。こりゃ、行かれるなら行かないとね。

またホドロフスキーの二の舞みたいに、抽選券(整理券)貰う前に終了…とならないようにだけ自分自身に祈っとくわ。ほんと。