暑気払い的音楽のススメ

本当に暑いですね、気が狂いそう…となんの脈略もないのですが…。

私は歌謡曲とブラックミュージックが大好きです、皆さんはお気に入りのミュージシャンもしくは音楽はありますか?昔、誰も話を聞いてくれないので(しつこいからな)、久保田利伸氏とプリンス様への愛を、ただひたすらにブチ撒けるだけのブログをやっていたことを思い出しました。

あ、もちろんブラックミュージック(主に80年代後半〜90年代にかけてのR&B)のことも書いてましたよ。まだ残ってるかなぁ…。

ここ最近、仕事の際の車での長時間移動中だったり、家でボーっとしてる時に聴いている音楽を紹介しようと思います。それにしても、暑気払い感が全く感じられないにもホドがありますね、我ながら。

先日、東京で喫茶店に寄った際に流れてきた、Billy Paul(ビリー・ポール)。
久しぶりに思い出してヘビロテ中です。妖怪にしか見えないジャケ写とは裏腹に、甘く切ない歌声を聴かせてくれます。やはり目玉は泣く子も黙る大ヒット曲、「Me and Mrs. Jones」ではないでしょうか?とは言っても、この一曲だけが飛び抜けてる訳ではなく、アルバム全体のトーンに纏まりがあって、邪魔くさくなくて良いです。大人のセクシーなデートのBGMにして欲しいアルバム。(私は一人で聴いてる)

そしてお次は、Oriol(オリオール)。
UKのアーティストらしいのですが、詳細わかりません。たまたまオススメかなんかで出てきたので聴いてみたら…格好良い!クラブミュージックなのかなコレは?音はキラキラしてるのに、とてもメロウ。昼に聴くと爽やか、夜に聴くとリラックスできる。夏にピッタリのアルバムです。

そして、個人的に再燃している米米CLUB
とにかくこの人たちのライブが大好きで、思春期にビデオテープ(当時はDVDなんてありませんでしたから)が擦り切れるほど観たバンド。あまりアルバムはちゃんと聴いてなかったのですが、当時から大好きなコレ。一曲目からテンション上がる、灼熱って感じ。全曲好きですけど、4,6,8,14曲目が涙が出るほど好き。仕事中の長距離移動の際に聴いてテンション上げてます。テンション上げんとやっとれんわ!仕事なんて!

でも本当はこのアルバムが一番好きです。ふざけてるけど。

茹だるような暑さでなんだか心も身体も参ってしまいそうですが、好きな音楽聴いて少しくらいは気分良く過ごしたいですね。でも夏フェスは大嫌いです、ありがとうございます。