Flamingo | 米津玄師

米津玄師氏って知らなかったんですけど、紅白に出場するほど有名な方なんですね。最近は新しいものについて行かれなくなった。速水もこみち氏が大人気だった頃、彼の格好良さを理解出来なかった時点で、私ももう若くないんだなって悟りましたけど。

サビがとてもキャッチーで耳に残りやすいし、日本の歌謡曲にブラックミュージック的な要素が散りばめられてる感じも、個人的には大好き。

また人の声や喋りがサンプリングしてあって、ちょっとティンバランド(Timbaland)っぽくて気持ち悪くて良いよねとか。いやぁ…もうティンバランド大好きすぎる。Timbaland & Magooってどこ行っちゃったの、復活欲しいんですけど!って脱線。

ソニーのワイヤレスイヤホンのCMで流れてたのを耳にしてから、良い曲だなぁと思いつつ放置してましたが、最近たまたまYouTubeでMVを見かけて軽く衝撃を受けまして。

米津玄師氏のダンスがとにかく格好良かったんです、ビックリした!ダンサー出身かと思ったら全然違ったからより驚いた。

 

ダンスは詳しくないので、彼の技術的な面がどうとかは全く分かりませんけど、一度壊れてバラバラになってしまった細胞が、曲の世界観に合わせて再構築されていくような身のこなし。

ダンスというより、身体表現に長けてると言えば良いのか。特に指先がとても美しいですね、ホレボレしちゃう。彼の湿生植物的な佇まいが、よりそう思わせるのかも知れません。大好きになっちゃった。

曲自体も文句無しに格好良いので是非。