ボヘミアン・ラプソディ

今日は映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。
基本へそ曲がりな上に、クイーン (Queen) を熱心に聴いたことが無かったので、友人に誘われてなんとなく…くらいで観に行ったのですが。

映画のストーリー自体はとても単純です。
クイーンがいかにして誕生したか、それからスーパースターになるまの経緯とヒット曲の制作秘話、そしてフロントマン:フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)の孤独と葛藤、彼がHIVに感染し死に至るまで。

こう書くとすごくボリューミーで消化不良を起こしそうな映画みたいですけど、全くそんなこと無かった。

予想を裏切ることの無い、ロックスターの見本のような「セックス・ドラッグ・ロックンロール」な私生活や、フレディのセクシュアリティに関する描写も、必要以上にも以下にも描かないのも良心的だなと思いましたし。

特に奇をてらった見せ方をするでもなく、過剰にドラマティックに脚色されているようでもなく。そう言った意味では、逆に物足りなさを感じる人はいるだろうな、くらい。ただ、個人的な感想を言うならば良い映画かどうかは別として…。

私は泣いた。そんなの泣くでしょ。

ラスト20分、ライヴエイド(LIVE AID)のシーン。
フレディ・マーキュリーの命を削るようなあの歌声、そしてそれを全力でサポートしようとするクイーンのメンバーたち。またそれを更に後押しするかのような、観客たちの熱狂。

それを感じられただけで十分じゃないでしょうか。

途中、ちょっとテンション上がりすぎてポップコーンをばら撒く

以下、極私的な感想。

とにかくポールがむかつくんですよね、なんなんだよアイツ。クソだよ、クソ。でもあんなクソでさえも、側にいてくれれば少しはマシなんだと思うくらいに孤独だったのかもしれません。フレディの孤独を想うと、心が押し潰されそうになってしまった。

ステージへ出れば、何万もの人達に熱狂される中、家に帰ると一人。この落差!そりゃヤサぐれるよね、むしろセックスとドラッグくらいでオイタがすんで良かったじゃないの、と。

天から与えられた才能は、それと引き換えに、人を孤独にしてしまうだけなのかもしれませんね。なんだか、悪魔との契約みたいだわ。

コメントを残す